Google Ads

2016年12月18日日曜日

各国経済指標とその見方、重要度について

詳しくはこちら ⇒ http://fx.trgy.co.jp/aboutfx/beginners/economic_indicator/ 掲載例) 南アフリカの経済指標について 南アフリカ共和国(通称 南アフリカ、英語、アフリカーンス語、バントゥー諸語等の11言語)は、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。首都機能をプレトリア(行政府)、ケープタウン(立法府)、ブルームフォンテーン(司法府)に分散させている、通貨はランド。 他wiki参照。 金やダイヤモンドの世界的産地であり、民主化後の経済発展も注目されている。 アフリカ最大の経済大国であり、アフリカ唯一のG20参加国である。
 
主要経済指標
GDP 消費者物価指数 生産者物価指数 SACOB景況感指数 貿易収支 経常収支
 
チャート
ZAR/JPY  https://www.google.com/finance GOLD  XAUUSD  金地金 プラチナ  XPTUSD  プラチナ地金
 
政策金利の推移
http://www.gaitame.com/market/south.html
 
中央銀行
https://www.resbank.co.za/
 

2016年11月15日火曜日

W2Cの4EA(計28ストラテジー)がシストレ24に登録となりました!

弊社EAであるW2C-Angely,W2C-Socute,W2C-Spencer,W2C-Zwlinskyの4EA(計28ストラテジー)が、 インヴァスト証券シストレ24(トレーデンシー社MirrorTrader)に登録となりました。 詳細はこちら ⇒ http://fx.trgy.co.jp/2016/10/31/systemtrade24-2/

2016年7月2日土曜日

『トレードロボットによる資産運用について』 7/24 (日)

7月24日(日)15時00分〜17時00分 詳細説明、お申し込みはこちら → http://www.seminarjyoho.com/course_show_199127.html EAレンタル会員LPはこちら → http://ear.trgy.co.jp/ これまでのクチコミ(感想)はこちら → http://www.seminarjyoho.com/company_show_6602.html 2016.07.02

2016年5月6日金曜日

W2Cメルマガ リニューアルスタートにつき 再登録のお願い

この度メルマガを始めることになりました。
メールマガジン名は、「ウィンスクエアクラブ(W2C)メルマガ @株式会社トリロジー(財務省近畿財務局長(金商)第372号)」 です。

つきましては、

■■■ 重要 ■■■
購読をご希望していただけます方は、お手数ではございますが、
こちら http://w2c.seesaa.net/ ブログ左上よりお申し込みください。
(限定500名、以降退会者待ちとなります。)
■■■■■■■■■■■■■


内容は、為替にかぎらず長期目線で投資家の皆様に必要と思われる情報を、
投資顧問の立場から発信して参ります。

ワークする確度の高い直近のストラテジーについても、
ファンダメンタルズ分析、チャートの図解と共に極力送信しますので、
ご自身のお取引にもご活用いただけるものと考えております。

また、これまで差し控えておりました優良ダウンロード資料や動画コンテンツのご案内も、
弊社サービスの紹介とあわせて配信して参ります。

さらに、弊社顧客やセミナー等で頂いたご質問、
投資詐欺事件と今後その可能性のあるものや、
それに準ずるような情報商材等についての見解なども、
金商法を加味した上で警告の意味合いも含めて発信していこうと考えております。

送信日時は未定ですが、ペースは週1回程度を予定しております。

申し込みお待ちいたしております。 m(_ _)m

2016年4月5日火曜日

投資で利益を出し続けられる人

http://www.trgy.co.jp/ 相場で利益をあげ続けるプロとは、 ・チャンスが来たときには躊躇なく勝負でき ・何もないときには静かに待てる ・ポジションを持ったときには適切なところまで利益を伸ばし ・何があっても動じない心の強さを持つ人である トレーダーの唯一の仕事は、チャンスを待つことです。 短期的な好成績から自身の力量を見誤り、自称プロと名乗るトレーダーが数多く存在しますが、本物のプロフェッショナルは、なかなか表舞台には登場してくれません。 目標達成のための一貫した戦略と守るべき規律、明確なリスクマネジメント指針を定め、日夜相場に取り組んでいるからです。 そして休日には自身のレコードを振り返り、パフォーマンスの評価をすることを怠りません。 ディーリング中心のその生活は、睡眠時間も3時間程度に切り詰め、刻々と変化する世界情勢を掌握しつつ、世界数千万人の相場師達としのぎを削る、まさに一般社会で働く常識人には想像もつかない程過酷なものなのです。 破格の年俸を約束された裏には、好きなだけでは継続できない理由と、極めてストイックな環境に身を置く必要があるのです。 手法が同じでもプロと初心者の最終成績に差が出るのは、なにも不思議なことではないのです。

2016年3月22日火曜日

自称プロトレーダー、無登録業者のセールストークに騙されるな

「最近では月に資金を4倍にした経験を持つ」 ⇒ 単なるリスクの取り過ぎ。1万円を4万円にしたのか? FX相場では、1億円を4億円にするのも同じ作業(FX業者が約定するのであれば)。 もしできるのであれば生涯賃金もあっさりと1ヶ月で稼げてしまう。 為替相場はランダムネスではないがそれに近いもの。 そのトレードの潜在的リスクを無視し、たまたま取れた利益を自慢しているようでは、そのキャリアは信用に値しない。 またプロフェッショナルであればあるほど、これは口外したがらないはずである。 「どんな相場でも『週単位』ではまず負けない」 ⇒ エントリー(/イグジット)の確度を上げるためには、エントリーにフィルター(ex.MA○○が上向きの時にショートポジションは取らない等)を掛けていく。 このフィルターが多ければ多いほど、トレード毎の確度は上がるが、反してトレード数は激減してしまう。 このトレード数を補うために、売買ルールを増やし、複数時間軸、複数通貨ペアでトレードするのだが、人間が対応できる数など高が知れている。これが「週単位で負けない」を否定するひとつの理由である。 これは仮に「月単位で負けない」であったとしても、その実現は非常に難しいと考えている。 年単位で勝ち続けているファンドがないこともこの証左となる。たかが10年程度でもほとんど存在しない。 このトレーダーは損切りをしてないだけ?大量にポジションを持ち、利益の出ているポジションだけ利食いしているだけなのかもしれない。 実績を上げてきたプロと呼ばれるトレーダーは「相場で永く生き残る為には、損失は早めに確定し、利益を最大限引っ張るべきだ」と真逆のアドバイスをするものである。 FX塾やキャリアの少ないトレーダーに多いセールストーク。 よく考えれば、ツッコミどころ満載なので注意されたい。

2016年3月17日木曜日

EAのロジックがわかったところで...

そのEAのロジック(≒売買ルール、ベッティングルール、その両方)が理解できたとしても、 そのロジックが利益をもたらしてくれるのかどうかは、 どれほど賢い人間であろうとも、 頭で考えて答えが出るようなものではありません。 アタリをつけることすら困難なのではないでしょうか。 なぜなら相場の値動きは、数学的に完璧なものではないにしても、 ほぼランダム・ウォークだからです。 仮にご自身の経験の中でワークした売買ルールがあったとしても、 短期間のソレでは、エッヂを見つけたことにはなりません。 早晩五分に戻されるような相場に見舞われるからです。 (右肩上がりを演出したEAも同じ) ほぼランダム・ウォークである為替相場のエッヂを見つける唯一の方法は、 ある程度長期間の相場、あるいは統計的に十分なトレード数に照らし合わせた、 バックテストによる評価だけなのです。 ちなみにW2C-Dixie(http://w2c-dixie.com/download/StrategyTester_Dixi100_20050101-20140425.htm)は、 2005.01.01 - 2014.04.27 の9年間、4489回のトレードにより、 $10,000 の口座残高は、 $236,618 の勝ちと、 $188,095 の負けを積み上げ、 $48,523 の利益を出しました。 この結果は、$10,000 が6倍に殖えたことを意味しますが、 そのためには、19倍弱の負けを計上する必要がありました。 これがトレードで利益をあげる方法なのです。

2016年3月16日水曜日

自動売買ソフト(EA)の評価方法について Upper class

本日、「自動売買ソフト(EA)の評価方法について Upper class」
http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=9138
をFXonより発売開始しました。
宜しくお願い致します。m(_ _)m

「自動売買ソフト(EA)の評価方法について Beginners' class」
はこちらです。 → http://fx-on.com/ebooks/detail/?id=5530

2016年3月12日土曜日

トレードの幻想と現実

リスク管理を無視した無謀なトレードで、短期間のうちに数万円を億にしたというトレーダーは実在します。 派手な煽りでその手法を公開するのですが、その後そのトレーダーに訪れた悲惨な未来については何も語られません。 その利益を失った上に、遅すぎた納税による大きな借金を背負い没落したことを... もし1年で元本を2倍(≒+6%/月)にできるEA(=トレーダー)が存在するとしたら... 10年で1000倍、その後たった10年足らずで10万倍となります。 これは 1億円が10兆円...その数年後にはこのEA以外すべてのトレーダーが破産するレベルにまで成長してしまいます。 聖杯の存在は否定しません。 一定期間という条件付きで、また銘柄、時間軸を限定するのであれば、それは確実に存在します。 しかしそれはいつか破綻します。過去最大のポジションを持ったときに... 聖杯を求めているうちは、結果が運に大きく左右されるギャンブルと同じです。投資はギャンブルであってはならないのです。 もしもその年に、一般常識からかけ離れた異常な利益を受け取ったのであれば、それは大きなリスクの裏返しとしてであることを知らなければなりません。 トレードに一攫千金の夢を描くのは自由ですが、現実はこんなものです...

2016年3月10日木曜日

為替相場は最もリスクが低く公平なマーケット

投資には様々なリスクが存在するが、流動性リスクの低い(= 流動性が高い)マーケットでは、特に経験(プロとアマ)の差が出にくい。 流動性リスクとは、そのマーケットの規模に正比例する。売買オーダーが約定し易いためである。 マーケットは大きければ大きいほど安全で公平といえる。 為替マーケットは、未来永劫すべてのマーケットの中で最も規模が大きい。 マーケットとしては世界第2位のNY証券取引所が1000億ドル/日程度であるのに対して、為替マーケットはその50倍の規模を誇る。 しかし、マーケット規模が巨大であるということは、参加者が多いということであり、それだけ値動きは複雑になる。 これがこれまでは流動性リスクが低く公平な為替マーケットへの参入障壁となっていた。 我々の提案するMT4 EA ポートフォリオ運用戦略とは、このマーケットに主眼をおいて展開するものである。

2016年3月6日日曜日

市場はランダムウォーク!?

相場の値動きは、どの時点においても長期的にも短期的にも上昇と下降の可能性がほぼ同じであり、独立した事象であるから、過去のトレンドやデータによって将来の値動きを予測することは不可能である」 … とするのがランダム・ウォーク理論です。 しかし、これはあくまでも数学的に厳密なランダム・ウォークであることが前提で、相場には少なからず「上昇と下降の可能性がその逆に対して、 明らかに確率的優位性が高いポイント(あるいは時間)があります。 --- ・金融市場のゆらぎのメカニズムを物理学で解 http://www.titech.ac.jp/news/pdf/n000204.pdf ・アインシュタインの「揺動散逸関係」は金融市場でも成立している - 東工大 http://news.mynavi.jp/news/2014/03/12/047/ --- 行き当たりばったり、無作為にエントリー/イグジットを繰り返すどのようなEAにおいても、 試行回数を増やすことで、収支は ±0(プラマイゼロ) に収束します。 これは、理に適った売買ロジックでなければ、ブローカーに有利な(=我々に不利な)マイナスエッヂ※(≒スプレッド、スリッペ-ジ、未約定、他)により、徐々に資産が削られることを意味します。 海外フォーラムのソースコードが公開されているフリーEAや、 情報商材として販売されているトレードタイプEAには、利益を積み上げるためのエッヂが足りないものが、そのほとんどを占めています。 今現在勝っているEA、これまで利益を積み上げたEAは、後に同じだけのドローダウンを喰らい、逆に今負けているEAがそのうち勝ち始めるのです。 未来を担保するためには、過去の様々な相場に照らし合わせ、どのようなシーンであってもワークすることが重要であると考えます。

2016年3月4日金曜日

バンドワゴン効果 - マーケットの仕組みを垣間見る

バンドワゴン(楽隊車)が賑やかに、ごく少数の人たちを乗せ、心地よい音楽を流しながら、なだらかな登り坂を進んでいる。 そのうち、音楽は大きな音と共に鮮明になってゆき、沿道にいる傍観者たちを次第に引きつけていく。 我慢できなくなった人々は、我先に次々とバンドワゴンに飛び乗る。 気がついたら、バンドワゴンには多くの人たちが群がり大賑わい。 それに伴ってバンドワゴンは重くなりスピードが落ち始める。 そうすると、飛び乗ることができなかった群集までも、何の苦労もなくバンドワゴンに乗ることが可能となる。 そしてついにその重みに耐え切れなりバンドワゴンは停止する。 停止するとさらなる群衆が… 前に進めなくなったバンドワゴンは、その重みでゆっくりと後退を始める。 これにより後ろに居た群衆がなぎ倒された。 バンドワゴンのバックはさらに速くなる。 なぎ倒される人は多くなり、上に乗っていた人たちも振り落とされ、パニックに陥る。 これにより軽くなったバンドワゴンは、一番最初に乗っていたごく少数の人たちだけを乗せたまま、音楽を流し、また前に進み始める。 そして次の街の... 沿道にいる人たちがまた・・・ 出典:「デイトレード」オリバー・ペレス

2016年3月3日木曜日

FXはギャンブルか?

FXは博打なのか否か? 私は今でもよく聞きかじったぐらいの人とこのことで口論になります。 株や不動産は投資なのに… まあ予想できないということで言えば博打となるのでしょうが、 レベルは違えどそれは全てにおいてそうですね。 レバレッジを効かせすぎると博打、低レバなら投資みたいに言う人もいます。 要はその議論、どこまでいっても答えはないということです。 未来を予測できると思っているのは、相場を張ることもなく、語ることでマーケットに参加しているつもりのひとに多いですね。 ある週末に、為替で有名なミスター◯氏が米雇用統計好結果をもとに、次週のドル円レンジを102円~107円とおっしゃっていました。 5円というその値幅の大きさにもびっくりしますが、 107円というのがかなり大胆な数字で、間違いかなと少し驚いたので記憶していました。 当然結果は見事に外れとなりましたが、この方曲がり屋で有名ですので、数字もさることながら真剣に為替相場と向き合っている殆どの人は信じなかったとは想像します。 そんな誰でもわかるような明確なものってあるはずないですよね。 勝てば官軍、結局勝者にとって博打であろうが何であろうがいいのです。 相場で勝ち残っているホンモノは、この不確実な相場の世界にある薄いエッヂを嗅ぎ分け、利益上げ続けています。 これがプロデイーラーの仕事です。

2016年3月1日火曜日

Trilogy社の「EAレンタル会員」の特長

選択、設定、稼働が困難なEAに対して、当社が その全てを代行する。 最大リスクをある程度確認できているEAは、他投資手法とは異なり、資金管理が可能である。 自身の口座で運用するため、 ・運用状況をリアルタイムで確認可能 ・複数のEAを用いて自由に設定可能 運用口座は、国内業者使用で全額信託保全。これはペイオフ制度を超える。 出金は同一名義の銀行口座にしか振り込まれな いため安全。 運用を担当するEAには、取引する上で最大の障 害となる感情がなく、取引ルールが明確であるため、長期間に渡る履歴を確認し、始めることができる。 初期手数料は無し。 利益が出た時のみの成功報 酬型。 途中解約はいつでも可能。 必要な物は24時 間稼働のWindowsPCとインターネットへの接続 環境。 続きは、 資産運用における「EAレンタル会員」の優位性について レジュメをご覧ください。

2016年2月21日日曜日

投資アカデミー開講のお知らせ(運営責任者:株式会社トリロジー@投資助言代理業)

「投資家を目指す皆様に、自信を持って為替、貴金属、コモディティを取引していただくための投資アカデミー」です。

Trilogy社の主宰する投資アカデミーは、毎週開催のゼミナールと、専門性の高い個別カリキュラムにより構成されます。 http://www.trgy.co.jp/service/academy/


どの分野においても知識がなければ成功を期待できないことは共通です。
毎週開催のゼミナールでは、会員の皆様に相場/取引の基礎を学んでいただき、
ご自身で口座管理をして頂けるまでお手伝い致します。
また、過去の相場を振り返ることにより、その仕組みについて知識を深めて頂くことと、
未来の相場に対して、取引に必要な金融市場最新情報と、相場観を共有していただきます。

お申込みは、 http://www.trgy.co.jp/semient1/

※1回目の募集は、若干名(会場5名+オンライン受講2名)となっておりますので、お早めにお申し込みください。


−−−−− Q&A
Q.ゼミはどのように進んでいくのですか?
A.
■講師が毎週ホットなニュースの解説をしながら相場分析。
■少人数制で、ゆっくりしっかり進めていきます。
■一方通行の講義ではなく対話式なので、どんなことでも気軽に質問できます。

Q.受講料はおいくらですか?
A.
■入会金 10,800円(初回のみ)
■毎週開催の投資ゼミナール 19,440円/月
■個別カリキュラムはそれぞれ費用が異なります。 詳細HP内参照(ex.40,000円/2hx2回)

Q.オンライン受講とはどのようなものですか?
A.
■オンラインミーティングツール(Googleハングアウト)を用いて行います。
■パソコン、インターネット接続環境、Gmailアドレスが必要となります。

Q.途中解約は可能ですか?
A.
■もちろん可能です。
■返金に関しては、契約締結書面(http://www.trgy.co.jp/wp-content/uploads/contact.pdf)クーリング・オフ制度の適用についてをご参照ください。

Q.専業トレーダーになれますか。
A.
■難しいですし、色々な意味でオススメいたしません。
■ただし、自身の売買ルールを複数持ち、リスク、資金、精神の管理ができるようになれば、コンスタントに稼げるようになると思います。
■ここで「思います」としたのは、個人差が大きすぎるからです。


―――――――――――――――――――――――――――――
◇編集・発行◇ 株式会社トリロジー www.trgy.co.jp info@trgy.co.jp
投資助言代理業 近畿財務局長(金商)第372号
All rights reserved. (C) Copyright Trilogy,Inc.
―――――――――――――――――――――――――――――
※株式会社トリロジー及び助言者は、本会員の内容につきその正確性や完全性について意見を表明し、保証するものではございません。情報、予想及び判断は有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではございません。過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。 提供する情報等は作成時又は提供時現在のものであり、今後予告なしに変更・削除されることがございます。当社は助言及び関連資料等の内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。 銘柄の選択、売買価格などの投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようにお願いいたします。なお、助言及び関連資料等は当社及び情報提供元の事前の書面による了解なしに複製・配布することはできません。内容に関するご質問・ご照会等にはお応え出来ない場合もございますので、あらかじめご容赦ください。

2016年2月15日月曜日

暴落(10日間では過去最大)後のショートカバー(自律反発)でじわり戻してきたので、ドル円115円戻り売り戦略はいかがですか。ストップを100pips以内、リミットは最大1000pips(3/10?)近く狙えそうなポイントが近づいてきました。勝率50%としても期待値は+450pips。 この115円処は超長期サポートとして機能してきたラインであり、黒田バズーカ3以降のフィボナッチリトレースメント38.2%でもあります。 ex.USDJPY sell limit 114.9 SL 115.7 TP 108 再下降確認できれば成行ですね。